11月度 落語部会

1. 月例会  2.次回1月案内  3.トピックス

1. 下丸子らくご倶楽部
落語を聞きたい人が多くなったのか今月もチケットは 完売だった。幸い事前にお願いしてあったので事なきを得た。
いつもと変わらず若手バトルは元気いっぱい。まくらを簡単にして直ぐに本題に入る。10~15分ぐらいの短編だ。二人共一生懸命だ。先月に続いて女性が好評だった。
レギラーの三人のトークはいつ聞いても笑わせる。我々と異次元の世界で育ったような突拍子もないハナシの連続だ。あっという間の30分である。楽しかった。
そしてゲストは菊之丞で平成15年31歳で真打になって以来あちこちの演芸大会で金賞・大賞をとりその実力は誰もが認める。今回の「野ざらし」も秀逸だった。
とりは彦いちの新作「遥かなる たぬきうどん」両手でアイゼンを駆使してヒマラヤに登るその表情はたぬきうどんを食べたい思いひとつ。 正に彦いちのオリジナル作だった。
 

2.1月案内
珍しくゲストなし。4名のレギラーの揃い踏みです。
全員真打。正に油の乗った面々で聞きごたえ十分、楽しみです。

 

3.トピックス
1 鵜の木「天明落語会」開催
戦前から60年近く住んでいた鵜の木には多くの友人・知人がいます。今回たまたま大地主の天明忠一さんから長年お世話になっている方々に恩返しをしたいとの提案がありました。
そこで11月18日(土)鵜の木にある今も残る古民家の天明本家のお庭でバーベキュー を開催し 盛り上がった所で志獅丸の「親子酒」を1席 ユニークな企画で大好評でした。

2 講談を楽しむ
落語のほかに浪曲・講談も好きなんです。大学の弁論大会で優勝した高校の友が定年後に宝井馬琴の弟子になり伊藤琴遊の名前でそれなりに多忙の日々を送っています。毎月第1日曜日浅草のお寺で「辻講釈」を行い、今月はプロの宝井琴梅の「新吉原百人斬り」琴遊の忠臣蔵から「南部坂雪の別れ」をじっくりと聞きました。会費は投げ銭で500円から1000円で
ご希望の方は小生までご連絡ください。090-4549-6291 まで

3 部会懇親会 開催
落語が終って久しぶりに行きつけの中華店「新荘園」に集まりました。3年前までは毎月開催していました。夜遅くなるので今は年に数回にしています。初参加の張本さん、鈴木さん、伊藤弥生さんを加え12名の方が集まりました。各人自己紹介に近況報告で盛り上がり岡本さんの360度撮影のカメラを駆使し善きひと時でした。
下記は360°写真のURLです。クリック&ドラッグしてご覧ください。
https://theta360.com/s/eadiZUHE63zhVOjO72daJvC6u

落語部会長  なかやま かいせい

カテゴリー: 14.トレッキング部会, 部会 パーマリンク