2019稲門祭 大田稲門会模擬店出店のご案内

SONY DSC

大田稲門会 会員の皆様へ
早稲田大学校友の皆様へ

来る10月20日(日)に早稲田アリーナ、早稲田本部キャンパス、大隈庭園内を中心に「ホームカミングデー・2019稲門祭」が開催されます。

続きを読む

カテゴリー: 大田稲門会行事 | 2019稲門祭 大田稲門会模擬店出店のご案内 はコメントを受け付けていません。

ボギークラブ2019年秋の定例ゴルフ

2019年10月7日(月)千葉県を中心に大きな被害を出した台風15号の傷跡が残る、立野クラシックゴルフ倶楽部でボギークラブ24名の部会員が参加し、秋の定例ゴルフ会を開催した。
台風の後始末の影響もあり、ラフが比較的深く、ボール探しや脱出に苦労した方もあったようだが、天候は曇りがちだが薄日もあり、比較的温かい中でプレーを楽しみ、全員無事にホールアウトし、18ホールズストロークプレー・ボギークラブハンディキャップで争った結果、グロス81という見事なスコアで神戸隆一氏が初優勝を飾った。
ホールアウト後の表彰式・懇親会も楽しい雰囲気の中で終了した。

上位入賞者及びネットスコアは次の通りです。
優 勝:神戸隆一氏:61(グロス81)
準優勝:尾形達夫氏:69(グロス95)
第3位:河原茂光氏:70(グロス81)
第4位:宮本文義氏:70(グロス88)
第5位:時枝直満氏:70(グロス106)

尚、次回12月10日(火)姉ヶ崎カントリー倶楽部で開催予定の忘年親睦ゴルフは昨年大田稲門会20周年を記念して実施した団体戦方式で開催することを内定した。
(束田龍一 記)

カテゴリー: 07.ゴルフ部会『ボギークラブ』, 部会 | コメントする

カメラ部会「写楽」10月撮影会 都電荒川線散歩

10月4日、10月の撮影会を行いました。
今回の企画ご案内役は澁谷朗副部会長。
三ノ輪橋から巣鴨までレトロな街並みの散歩と撮影を楽しみました。

ご入会お問い合わせは小泉正晃 koizumi_kugahara21120@ybb.ne.jp 080-5373-4521迄
会員以外の皆様のご見学、お試し参加も大歓迎です。

カテゴリー: 同好会ほか | コメントする

19年秋の早慶戦 ご案内

大田稲門会の皆様!
早慶戦はラグビーだけじゃないですよ。
六大学野球を忘れちゃいけません!
思いっきり、都の西北、紺碧の空、早稲田の栄光を歌えるのは、野球の早慶戦です!
令和元年の秋も神宮の応援席で、早稲田での青春を思い出しましょう!


日時:11/3(日)11時
集合場所:神宮球場一塁側応援席入口
費用:1,000円(チケット代、応援グッズ代)
申込方法:以下のアドレスまでご連絡下さい。
miyumayu1123ht@ezweb.ne.jp
申込期限:10/19(土)23時
注意:応援席に入りますので、応援部の指示に従っていただきます。飲酒禁止です。
校歌斉唱時には起立脱帽していただきます。

スポーツ応援部会 大友啓生(87年法卒)

カテゴリー: 同好会ほか | コメントする

秋の文化史跡散策 (横山大観記念館・子規庵・ねぎし三平堂)

文化の秋にふさわしく「横山大観記念館」と「子規庵」に加えて肩の凝らない昭和の爆笑王「ねぎし三平堂」も訪問します。昼食は近くの老舗「笹乃雪」で赤穂浪士、正岡子規にも供された伝統の豆富料理をお楽しみください。行程の途中離脱もご自由にどうぞ。
「遺跡・史跡ウォーキング部会」に限定することなく、大田稲門会の皆様、どうぞ奮ってご参加ください。詳細は下記のとおりです。
→→→→→→→→→→→→→→
1 日  時:11月10日(日)午前9時45分~午後3時30分頃(昼食時間含む)
2 コ ー ス  :東京メトロ湯島駅(綾瀬側改札口集合)~横山大観記念館~子規庵
→→→→→→→~昼食(笹乃雪)~ねぎし三平堂~JR鶯谷駅(解散)
3 費     用:各施設入館料 500~800円
→→→→→→→昼食代(飲物代別)3,000円程度
→→→→→→→(注)交通費は各自でご負担ください。
4 参加申込:11月5日(火)までに薄根あてお願いいたします。
→→→→→→→<薄根連絡先>   Eメール  : yoppy10gates@yahoo.co.jp

  

 

カテゴリー: 01.遺跡・史跡・ウォーキング部会, 部会 | 秋の文化史跡散策 (横山大観記念館・子規庵・ねぎし三平堂) はコメントを受け付けていません。

第15回大田稲門会「ワインの会」開催報告

*写真はクリックしてご覧ください。

     

日本で初めて開催されたラグビーW杯で日本勢の素晴らしい闘いぶりに興奮が冷め止まない中、15回目のワイン同好会が9月30日(月)開催されました。
今回は イタリア北部のピエモンテ州(トリノ)のワインを楽しみました。
早いもので第一回(平成二十七年11月)から満4年が経過し、最近では20人近くの方が参加されています。
ご高承の様にワインは紀元前8千年頃中近東で生まれ紀元前2千年にギリシャでそして紀元前6百年にローマ帝国の拡大と共に全ヨーロッパに広がっていきました。現在では欧州だけでなく日本、南米、南アフリカ等全世界で美味しいワインが生産される様になりました。1万年と言う気の遠くなる様な年月を経て今日の様な素晴らしいワインが伝承されて来たと思うとただただ先人達に感謝したくなります。
この同好会は主に欧州の様々な生産地を選び、その土壌、気候、生まれた背景、鑑定基準等のレクチャーを受けながら皆さんと談笑しその土地のワインを味わい楽しむと言う会です。
開催場所は愛宕神社の側にある「小西」と言う酒店(バーコーナー有り)です。その店は江戸時代創られた歴史ある老舗で、ご主人は早稲田大学卒、奥様は慶應大学卒のソムリエで毎回ワインのレクチャーをして頂いています。毎回選ばれた生産地のスパークリングワイン、赤、白ワインをおつまみ付きで数種頂いています。
もし、ワインにご興味のある方は、たまにはお仲間と楽しい時間を共にしてみませんか。
次回は 来年の1月に 「スペインのワイン」を 予定しております。
世話人 村上 亮造(記) ryosan1946911@gmail.com

世話人    高野 展至              takano_hkh0310@yahoo.co.jp

 

カテゴリー: 同好会ほか | 第15回大田稲門会「ワインの会」開催報告 はコメントを受け付けていません。

9月度 落語部会

1.月例会  2.10月落語案内  3.トピックス

 1.下丸子らくご倶楽部
今月のゲストは柳家三三で先月に次いで満席だった。
平成17年に下丸子らくご倶楽部に出演して10年間レギラーとして毎年出席しており、フアンも多い。
古典もの「大工調べ」は聞きごたえがある。大工なるも頭が悪いが腕は確かでひょんなことから家主とのけんかに棟梁がかって出る。
正に江戸っ子の面目や躍如だ。

2.10月案内
常連の彦いち、志ら乃と談笑。お楽しみに。

 

3.トピックス
九月といえば恒例の「目黒のさんま」
今年は8日に宮古から目黒駅前、そして15日は気仙沼産を目黒川近くの広場で各5~6000匹の秋刀魚を無料で振る舞いました。脂がのった旬のさんまを炭火で焼き醤油とカボスに大根おろしをかけて食べる。いやー美味しい。
その後、お目当ての落語「目黒のさんま」を聞き入る。
殿様が「これはどこのサンマじゃ」
「品川沖で取れたものです」
「なに、品川。品川はいかん。サンマは目黒に限る。」
 

落語部会 中山快晴

カテゴリー: 08.落語部会, 部会 | 9月度 落語部会 はコメントを受け付けていません。

秋季代議員会ご報告

9月28日(土)16時から18時まで、今回は会場の大隈講堂が改修のため使えないので、早稲田大学早稲田キャンパス8号館106教室で秋季代議員会が開催されました。
配布資料等は「アーカイブ」内の「20 校友会」フォルダーに収録されています。
写真は、会場の8号館・会場内・田中総長挨拶2枚で、クリックしてご覧ください。

カテゴリー: 大田稲門会行事 | 秋季代議員会ご報告 はコメントを受け付けていません。

日本酒愛好会9月例会のご報告


9月18日に日本酒愛好会の会合が、荏原中延の「かもすや」で開かれました。
かもすやは日本酒愛好家には有名な日本酒に特化した居酒屋で、一方の壁面全部が冷蔵庫になっておりそこに獺祭・鳳凰美田・飛露喜などの有名銘柄の他、山梨のワイナリーが作った日本酒、バナナ酵母を使った酒など珍しい酒も並び、それがいずれも飲み放題というコスパの高い酒屋です。
今回我々が持ち込んだ特別酒は「五橋のファイブ、白麹作り」。通常の日本酒が黄麹を使うのに対し、白麹はもっぱら焼酎用の麹でクエン酸を多く醸し出すところに特徴があり、今密かに流行りつつある酒です。
参加は17名、かもすやは料理もおいしく参加者一同、良い酒と肴に大満足の一夜でした。  磯部伸郎
 
画像はクリック(天球写真と動画は前後左右・拡大縮小)してご覧ください。

 

カテゴリー: 同好会ほか | 日本酒愛好会9月例会のご報告 はコメントを受け付けていません。

「パソコン部会」令和元年9月17日

開催して、毎回思う。
参加者各位の向学心・向上心である。

皆さんの年代は、80代と70代で占められている。
開催日の第三火曜日も手伝っているであろう。

昨日のカリキュラムは、当稲門会のホームページの
カレンダーの見方・使い方から始まった。

今回から会場である大田区民プラザ(下丸子)の全館共通
WiFi への接続が簡単になったのでスムースに始められた。

副部会長からの一通りの上記講習が、いつものように
スクリーンを使用して行われ、一段落した。

私は、今回のテーマとして、チラシの作り方を
取り上げることにしていた。

大田稲門会ニュースをサンプルとして印刷し、持参した。
会場において、サンプルを作るための材料をUSBに収録

しておき、それを参加者のパソコンに移した。
無料ソフトを使用することから、各位がパソコンに

ダウンロードした。
多少の時間差はあったが、概ね当初の目的は果たした。

そのあとの懇親会は、年代差の無い親睦会となった。
大田稲門会ニュース

カテゴリー: 05.パソコン部会, 部会 | 「パソコン部会」令和元年9月17日 はコメントを受け付けていません。