カメラ部会「写楽」年初月例会を開催

カメラ部会「写楽」1月8日新春月例会を「Photo& Talk」形式で開催しました。
今回参加された13名の方々のお顔をを拝見しつつ、5人の語り手がお手持ちの写真を照射して興味深いお話を1時間30分に渡って展開されました。

村田泰八郎さんは大田区を流れる多摩川の諸相を珠玉の41枚の写真と共に語られました。更に写真のレタッチによる様々な変化を参考作品を伴って示されました。

土田真也さんは10年以上に及ぶ北海道夏季長期滞在における貴重なご体験を25枚の写真によって披露されました。

中山快晴さんは池上本門寺の出初式と10年前の文化放送訪問の写真5枚を提示され愛着深い大田区と物故された大田稲門会功労者の方々についてしみじみと語られました。

澁谷朗さんは日頃の散歩道の映像を「Windowsフォト」及び「ペイント」を駆使して美しく仕上げられPowerPointを操作して披露されました。

最後に小泉正晃がブラジル駐在時代にパンタナウ大湿原で撮影した野鳥の写真を土地の民謡(フォークソング)をバックに流したスライドショーで紹介しました。

次回は2月5日第1金曜日15時より、ZOOM作品鑑賞会として開催いたします。

新規ご加入又はご視聴のご要望は小泉正晃までメールご連絡下さい。

カテゴリー: 16.カメラ部会『写楽』, 部会 パーマリンク

コメントを残す