令和2年柴又七福神めぐり

大田稲門会恒例の新春七福神めぐりが新年1月11日(土)まずまずの天候のもと総勢49名の参加者で行われました。今年も昨年に引続き大田区を離れ、午前10時に京成高砂駅前を3班に分け大田稲門会小旗を先頭に、寅さんでお馴染みの柴又帝釈天までの参詣コースをスタート致しました。途上改札口を間違え目的の駅に到着出来なかった班が出現するなどのハプニングもありましたが全員が無事参詣し終えました。

参詣者全員の福よかな集合写真を撮影後、お待ちかねの昼食会場川千家にて江戸時代より続く老舗の川魚料理に舌鼓、お酒も入って楽しい懇談・懇親の場となりました。最後に「都の西北」の大合唱にてお開きとなり三々五々柴又の街を後にしました。

カテゴリー: 大田稲門会行事 パーマリンク

コメントを残す